検索結果 カテゴリー: 未分類

AIが集中力を推定する技術を開発

by admin
公開日時: 2019年5月17日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

大学やドコモなどが協力してある技術を開発した。その技術とはAIによる集中力の測定。さらには勤務時の集中力の向上を目指した測定もできる。例えば、一日のスマホを利用した人の集中力を勝手に分析し、そのスマホの使用者がどれだけスマホを触っているのかがわかるため、仕事に集中しているかがわかる。会社自体も社員の管理がしやすくなるし、社員自体も自分の集中力を見直すことができるため、社員の意欲の向上も見込める。やり方としては位置情報や履歴などから分析し、そのスマホを使っている人の利用時間などを分析する。細かいところまで分析するためかなり正確なデータが取れるだろう。それに、最近は仕事場でもスマホをいじる人が増えるため仕事に集中できない人も増えている。その中でこの技術はかなり役にたつだろう。しかもこの技術は仕事だけではなく、スマホから距離を取る人にとっても使いやすい技術になっていくだろう。私もスマホから離れるために使ってみるべきかもしれない。

シャープのスマホにsimフリー版

by admin
公開日時: 2019年5月15日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

スマホを買う時にはどこと契約するかで、買う種類や場所を選ぶだろう。しかし、SIMフリー版はどんなスマホを買ってもどこでも対応が可能という事だ。今の時代ソフトバンクやauなど沢山の会社があるだろう。もちろんそこで買うのも良いのだが、できれば好きなデザインや機能のスマホを好きな会社で契約したいだろう。そんな人にはSIMフリー版のスマホだ。シャープが今回発売すると言ったスマホはSIMフリー版で、機能も特に悪いものもなく、ディスプレイも有機ELディスプレイを使っている為、とても綺麗だ。そして、IPX5対応対応のスマホとしては、世界で比べても一番軽い物になるだろう。私個人としても好きなスマホの機種や、デザインなどもある為、会社に縛られたりすると困る時がある。かと言って妥協してしまうと満足できないし、望んでいたスペックと違うのを使っていても使いづらいだけだ。そんな中SIMフリー版のスマホというのは画期的な発明だと思う。

ウェブ会議で使えるホワイトボード

by admin
公開日時: 2019年1月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

インターネットの普及と共に多くのシーンで活躍するようになったウェブ会議ですがこのウェブ会議で使えるホワイトボードは数多く出回っています。
その中でも特におすすめと言われるホワイトボードが、インタラクティブホワイトボードとLimnuのホワイトボードです。
ウェブ会議で使えるインタラクティブホワイトボードはすごくシンプルですので初めて使用する人でも簡単に使い始めることができますし、ペンの種類やカラーが豊富に用意されています。
また、パソコンから文字を打ち込む機能がありますし、チャットやビデオ会議機能も付いていますのでウェブ会議を開くこともできます。
インタラクティブホワイトボードはペン型のツールを使用して書き込むことができ、それを保存して共有することも簡単にできますし、大画面で見やすくなっています大きなウェブ会議でも活躍します。
こうしたホワイトボードはウェブ会議で必要不可欠なアイテムになりつつあります。

自宅勤務でできるテレアポ

by admin
公開日時: 2019年1月18日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

働き方の多様化進む中で注目されているのが自宅勤務ですが、その自宅勤務できる職種の一つにテレアポというものがあります。
この自宅勤務できるテレアポは企業がオフィスで行っているコールセンター業務のことを言い、これを自宅勤務にしている企業が増えています。
また、自宅勤務できるテレアポは通販などの注文の受付や企業の商品を紹介する電話営業、その他にはお客様からの様々な電話対応などがメインの業務となり、これといったスキルや資格が必要ありませんので自宅勤務を初めて行う人でも気軽に始められる職種と言えます。
とは言っても企業が用意するマニュアルを理解し、それを実行しなければいけませんので、ある程度の理解力や応用力が必要となるでしょう。
このような自宅勤務できるテレアポは過去に営業や接客などを経験した人は業務に取り組みやすいですし、人と話すのが好きな人やコミュニケーション能力が高い人は長く続けられるのではないでしょうか。

自宅勤務が社会にもたらす効果

by admin
公開日時: 2019年1月11日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

自宅勤務が増えることによって企業や自宅勤務する人は様々な効果を感じることができますが、この両者だけではなく社会にも様々な効果をもたらすことができます。
では、自宅勤務が社会にもたらす効果とは何でしょうか?
それは、交通混雑の緩和や地域環境負荷の軽減、女性や障害者などの就業促進などが挙げられます。
自宅勤務がもたらす交通混雑の緩和は通勤や業務に伴う移動が軽減されるからで、特に朝の通勤ラッシュの混雑を緩和させてストレスも減らすことができるのです。
地域環境負荷の軽減でも同じようなことが言え、移動が軽減されればCO2の排出を削減させることができますので環境負荷の軽減になります。
女性は育児や介護を行うことがありますし、高齢者や障害者は通勤が難しくなりますので、自宅勤務であれば安心して業務を行うことができます。
こうしたことからも分かるように、自宅勤務が社会に様々な効果をもたらしていますので更に自宅勤務が増えるのが良いのではないでしょうか。

株式会社日本取引所グループのテレワーク

by admin
公開日時: 2018年12月17日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

テレワークを自社に導入する企業は増加傾向にありますが、その企業の一つに株式会社日本取引所グループがあります。
この企業のテレワークは2014年にダイバーシティ推進グループを設置し、育児や介護などに関わる時短勤務の整備を進め、2016年から働き方改革を打ち出して今現在ではフレックスタイム制度や在宅勤務制度を導入しています。
テレワークの対象者は全社員で100名程度が週に1~2回程度実施しており、そのテレワークを担当している部署は人事部になっています。
また、テレワークは理由を問わずに利用することができますし、フレックスタイム制度を導入していますので在宅勤務時でも開始時刻や終了時刻を柔軟に選択することができます。
それに、リモートデスクトップ方式を採用していますので高いセキュリティを実現させています。
こうしたテレワークを導入したことによって継続的な労働環境の実現やワークライフバランスの拡充などが効果として表れています。

NECネッツエスアイ株式会社のテレワーク

by admin
公開日時: 2018年12月7日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

テレワークを導入することによって企業だけではなく従業員にも様々なメリットがあります。
ですので、働き方改革法案の成立もあってテレワークを導入する企業が増えています。
そのテレワークを2017年7月から実施しているのが「NECネッツエスアイ」という企業で、主にネットワークをコアとするICTシステムに関する企画・コンサルティングや 設計・構築などを提供しています。
この企業のテレワークは全社員が対象で利用回数は制限がなく、自宅や実家、自社拠点だけではなくグループ会社オフィスや契約サテライトオフィスでも実施することができます。
また、所定労働時間7.75時間を原則とし、半日在宅勤務や断続勤務、テレワークとオフィス勤務との組み合わせも可能となっています。
このようなテレワークを実施したことによってワークライフバランスが向上したり企業活動を効率化させたりすることができ、業務上の効果として残業時間削減や業務成果の改善などがありました。

NECネッツエスアイ株式会社のテレワーク

by admin
公開日時: 2018年11月30日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

テレワークを導入することによって企業だけではなく従業員にも様々なメリットがあります。
ですので、働き方改革法案の成立もあってテレワークを導入する企業が増えています。
そのテレワークを2017年7月から実施しているのが「NECネッツエスアイ」という企業で、主にネットワークをコアとするICTシステムに関する企画・コンサルティングや 設計・構築などを提供しています。
この企業のテレワークは全社員が対象で利用回数は制限がなく、自宅や実家、自社拠点だけではなくグループ会社オフィスや契約サテライトオフィスでも実施することができます。
また、所定労働時間7.75時間を原則とし、半日在宅勤務や断続勤務、テレワークとオフィス勤務との組み合わせも可能となっています。
このようなテレワークを実施したことによってワークライフバランスが向上したり企業活動を効率化させたりすることができ、業務上の効果として残業時間削減や業務成果の改善などがありました。

テレワークが向いている職種とは

by admin
公開日時: 2018年11月14日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

今現在、注目されるようになったテレワークは働き方改革の動きもあって今後ますます注目されるようになるでしょう。
そのテレワークが向いていると言える職種はエンジニア、事務職、営業職です。
テレワークが最も向いていると言えるのがエンジニアで、他の職種とは違って個人で行う作業が多くなりますので集中することもできますし、パソコンとインターネット接続環境さえあれば作業ができるからです。
事務職がテレワークに向いているのはエンジニアと似たような職種と言えるからですが、経理や名刺管理などは在宅勤務のほうが効率が上がりますので向いていますし、与えらえた作業をコツコツとこなすという意味でも向いていると言えるでしょう。
営業職は社内の滞在時間が短くて顧客に合わせて動き回ることもありますのでテレワーク向きです。
また、営業後の報告もテレワークで行うことができます。
今後こうした職種だけではなく他の職種でもテレワークを導入していくといいと思います。

不動産業界では珍しい東急リバブルのテレワーク

by admin
公開日時: 2018年11月4日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

テレワークは育児や介護と仕事を両立させやすくなりますし、通勤による疲労の減少や時間の短縮などがメリットとなり、個人のプライオリティに合わせたライフスタイルやワークスタイルを実現させることができます。
このテレワークを不動産業界で行っているのが東急リバブルで、以前から時差出勤制度などを導入して柔軟な働き方の選択肢を増やすことに力を入れてきました。
また、東急リバブルでは2016年6月からテレワークを行っており、不動産業界としては珍しくサテライトオフィスの整備も進められています。
それと、東急リバブルのテレワークでは2017年から事務部門の全スタッフ、2018年度以降は全社員をテレワークの対象とする予定があり、週に1~2回で月に6回を上限としています。
このような東急リバブルのテレワークは育児や介護と仕事の両立を目指す社員から段階的に導入されており、過去に行ったトライアルでは約7割の実施者が業務効率が上がったと答えています。

page 2 of 5
ようこそ , Today is 日曜日 2019年8月25日