検索結果 アーカイブ: 11月 2018

NECネッツエスアイ株式会社のテレワーク

by admin
公開日時: 2018年11月30日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

テレワークを導入することによって企業だけではなく従業員にも様々なメリットがあります。
ですので、働き方改革法案の成立もあってテレワークを導入する企業が増えています。
そのテレワークを2017年7月から実施しているのが「NECネッツエスアイ」という企業で、主にネットワークをコアとするICTシステムに関する企画・コンサルティングや 設計・構築などを提供しています。
この企業のテレワークは全社員が対象で利用回数は制限がなく、自宅や実家、自社拠点だけではなくグループ会社オフィスや契約サテライトオフィスでも実施することができます。
また、所定労働時間7.75時間を原則とし、半日在宅勤務や断続勤務、テレワークとオフィス勤務との組み合わせも可能となっています。
このようなテレワークを実施したことによってワークライフバランスが向上したり企業活動を効率化させたりすることができ、業務上の効果として残業時間削減や業務成果の改善などがありました。

テレワークが向いている職種とは

by admin
公開日時: 2018年11月14日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

今現在、注目されるようになったテレワークは働き方改革の動きもあって今後ますます注目されるようになるでしょう。
そのテレワークが向いていると言える職種はエンジニア、事務職、営業職です。
テレワークが最も向いていると言えるのがエンジニアで、他の職種とは違って個人で行う作業が多くなりますので集中することもできますし、パソコンとインターネット接続環境さえあれば作業ができるからです。
事務職がテレワークに向いているのはエンジニアと似たような職種と言えるからですが、経理や名刺管理などは在宅勤務のほうが効率が上がりますので向いていますし、与えらえた作業をコツコツとこなすという意味でも向いていると言えるでしょう。
営業職は社内の滞在時間が短くて顧客に合わせて動き回ることもありますのでテレワーク向きです。
また、営業後の報告もテレワークで行うことができます。
今後こうした職種だけではなく他の職種でもテレワークを導入していくといいと思います。

不動産業界では珍しい東急リバブルのテレワーク

by admin
公開日時: 2018年11月4日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

テレワークは育児や介護と仕事を両立させやすくなりますし、通勤による疲労の減少や時間の短縮などがメリットとなり、個人のプライオリティに合わせたライフスタイルやワークスタイルを実現させることができます。
このテレワークを不動産業界で行っているのが東急リバブルで、以前から時差出勤制度などを導入して柔軟な働き方の選択肢を増やすことに力を入れてきました。
また、東急リバブルでは2016年6月からテレワークを行っており、不動産業界としては珍しくサテライトオフィスの整備も進められています。
それと、東急リバブルのテレワークでは2017年から事務部門の全スタッフ、2018年度以降は全社員をテレワークの対象とする予定があり、週に1~2回で月に6回を上限としています。
このような東急リバブルのテレワークは育児や介護と仕事の両立を目指す社員から段階的に導入されており、過去に行ったトライアルでは約7割の実施者が業務効率が上がったと答えています。

page 1 of 1
ようこそ , Today is 月曜日 2019年7月15日