検索結果 アーカイブ: 11月 2020

「Galaxy Note 10+」は何が良くて売り上げが伸びている?

by admin
公開日時: 2020年11月21日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スペックが高いことで評価されているスマートフォンを、ハイスペックスマートフォンといいます。今回は、そんなハイスペックスマートフォンの中でも売れ筋なGalaxy Note 10+について、良いところを掘り下げていこうと思います。
Galaxy Note 10+の長所その1は、ワイドディスプレイのスマートフォンに仕上がっているところです。過去であれば、スマートフォンは動画、SNS、ゲームに利用できるスペックのみあれば良かった・・・のですが、今ではスペック不足として扱われることが増えてきました。特にワイドディスプレイのスマートフォンでなければ売れないほど、ワイドディスプレイの評価が急上昇しています。
なぜGalaxy Note 10+のような、ワイドディスプレイが支持されているのかというと、それは、「画面が見やすい」からです。従来のスマートフォンは名の通りでスマートなため、ディスプレイサイズについても6インチを切ることが少なくありませんでした。手が小さな人であれば問題なく操作できるのですが、指先が器用ではない人、機械の操作に慣れていない高齢者にとっては「使いづらいスマートフォン」のため、Galaxy Note 10+のような操作性が重視されているモデルは人気です。
なによりもGalaxy Note 10+は、6.8インチのサイズにもかかわらず「重さが200g未満」となっています。スリムコンパクトなスマートフォンでは150gを切るものもありますが、軽すぎるものは壊れやすい、容量が小さい、多機能ではない・・・など、あらゆる面でハイエンドモデルに劣るため忌避する人が増えてきました。そのため、Galaxy Note 10+のディスプレイサイズは評価されているのです。
Galaxy Note 10+の長所その2は、「万能カメラ」です。2019年に発売されたスマートフォンの中でもトップにランクインするほど、Galaxy Note 10+はカメラ性能が評価されています。
Galaxy Note 10+には超広角カメラがあるため、幅広い場面でも使えるカメラとなっています。しかもGalaxy Note 10+は、ライブフォーカスを動画で使えるため、ポートレートモードを動画でも使用できる面白さがあるのです。
Galaxy Note 10+の長所その3は、「バッテリー容量が4300mAhと大ボリューム」なところでしょう。一般的なスマートフォンでは、バッテリー容量が3000mAhもいけば大ボリュームと言われるほどなので、単純に比較してもGalaxy Note 10+のほうが圧倒的に上です。動画、ゲームなどで長時間スマートフォンを使うことが多い・・・、そんな人とGalaxy Note 10+は相性が最高だと言えます。”

「ミドルレンジモデル」でもスペックはかなり高め!

by admin
公開日時: 2020年11月7日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“KDDIが2020年11月に発売を予定している、Galaxy Aシリーズの最新スマホ「Galaxy A51 5G」について見ていきたいと思います。今回発売予定となっているGalaxy A51 5Gですが、ハイエンドモデルではなくミドルレンジモデルとして登場予定となっています。5G対応スマホになっている時点でハイエンドモデル、というイメージがありますが一体どんなスペックを備えたスマートフォンなのか、またハイエンドモデルと呼ばれる「Galaxy S20」シリーズや「Galaxy NOTE」シリーズと比較しながら、その違いも詳しくご紹介したいと思います。是非、気になっている方はこれを参考に検討してみてくださいね。
それでは早速スペックについて見ていきましょう。Galaxy A51 5Gのディスプレイは、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載しています。CPUにはsnapdragon765、メモリーも6GBでストレージも128GBあるのでかなり大容量なスマートフォンとなっています。これだけあれば、写真撮影はもちろん、動画を撮影したり、アプリを
複数ダウンロードしても問題ありません。容量を気にすることなく、気になったアプリをダウンロードできる点や、今流行の5G対応スマートフォンという点を見てもミドルレンジモデルとは思えないスペックとなっています。
更に画面内指紋認証センサーを搭載しているので、シンプルなデザインながら機能もしっかりしているので驚きです。またバッテリーも4500mAhあるので、一日中使っていても快適に使えます。普段からゲームをしたり、動画配信を見るという方にもおすすめです。
ちなみに同じGalaxy Sシリーズで、ハイエンドモデルといわれる上位モデルのスマートフォン「Galaxy S20」は、6.2インチの有機ELディスプレイを搭載、メモリーは12GB、ストレージは128GBとなっています。CPUにsnapdragon865 5Gを搭載しているので、ここの違いが大きいですが、その他は、バッテリー容量4000mAhなのでどの点を重視して選ぶかが重要です。移動先で充電する機会があまりなく、十分な容量を備えているスマートフォンをお探しなのか、ハイスペックモデルがいいのか、名前だけで決めてしまうのはとても勿体無いです。
ミドルレンジモデルと言われるGalaxy A51 5Gですが、実はハイエンドモデルと呼ばれるGalaxy S20にも搭載されている極限までベゼルをカットして作られた全画面デザインのInfinity-O Displayを搭載している点を見ても、そこまで大きな違いはありません。
ただし比較的重たいゲームや画面をタッチしてから反応するまでのスピードを重視して選びたい、という方にはなるべく性能の良いもの、ハイスペックモデルがおすすめです。そうでない場合は、どんな点を重視して選びたいかよく見て選ぶといいですね。11月に発売されるということなので、是非気になっている皆さんは公式HPをよく見ておきましょう。”Galaxy A51公式サイトはこちら

page 1 of 1
ようこそ , Today is 土曜日 2020年11月21日