検索結果 アーカイブ: 5月 2021

エントリーモデルといえ侮れない「OPPO R17 Neo」

by admin
公開日時: 2021年5月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマートフォンを購入する際によく発生する悩みに、「スマートフォン購入で失敗したくない」という悩みがあります。
ですが、スマートフォンには価格帯によってエントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイエンドモデルがあるため、モデルと性能について知らない人の場合、スマートフォン購入で失敗する可能性はあると思ったほうが良いでしょう。また、スマートフォンの購入で失敗しない方法は、「格安スマホを購入する」ことです。
具体的には、エントリーモデルと呼ばれているものを購入するのですが、エントリーモデルであれば2万円以内でスマートフォンを購入できます。ミドルレンジモデルの場合は、2~8万円のスマートフォンが多いため、他のスマートフォンより安いとはいえません。
そして、とりあえず性能が良いエントリーモデルを探しているのであれば、「OPPO R17 Neo」がオススメです。OPPO R17 Neoには次のような特徴があるため、他のスマートフォンより優れているスマートフォンで、しかもエントリーモデルとして最低限の費用でスマートフォンを持つことができます。
OPPO R17 Neoのスペックですが、「CPUはSnapdragon 660、ROMは128GB、カメラ画素は1600万画素」となっているため、実は、国内のスマートフォンであればミドルレンジモデルと似通った性能です。OPPOはHUAWEIのスマートフォンと同じで中国製スマホに分類されるのですが、HUAWEIのスマートフォンのような米国からの制裁対象とはなっていません。そのため今では、HUAWEIのスマートフォンからOPPOのスマートフォンに切り替えるユーザー数が増加傾向にあります。
OPPO R17 Neoは機能も多く、「ディスプレイによる指紋認証搭載、大容量スペックの採用」となっており、国内のスマートフォンでは見られない性能となります。しかも大容量化に成功しているモデルのため、写真撮影などで大量のデータを使用されるユーザーでも、OPPO R17 Neoとは相性が良いのです。
スクリーンショットについても気が利いており、OPPO R17 Neoは「3本の指でディスプレイをなぞる」だけで、スクリーンショットができるようになっています。このようにOPPO R17 Neoは、他のスマートフォンメーカーにはない技術力の高さを有しているのです。”詳しくはこちら

HUAWEIのスマホはなぜ人気が高い?

by admin
公開日時: 2021年5月19日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマートフォンには、iPhoneやAndroidといった端末があります。しかし今では、Apple、Samsung、HUAWEIのスマートフォンを利用するユーザーが多く、それは現在も変化していません。
特にHUAWEIのスマートフォンは世界中に多くのユーザーを抱えており、Samsung、HUAWEIの新モデルは度々注目されるようになりました。そもそもスマートフォンのシェアについては、「Apple一強」と言われる時代がありました・・・ですが今では、安さ、技術ともにSamsung、HUAWEIのスマートフォンが認められるようになってきたのです。
このようになった背景には、いくつかの要因があります。一つは、日本のようにSIMフリー、キャリアでスマートフォンが成立している国は珍しく、海外ではSIMフリースマホを選択するユーザーが多いのです。つまり、日本は安さよりもブランド、安全性、性能などを求めているということです。しかし海外ではそのような考え方よりも、第一にトレンド、安さにおいて注目されているかを重視しています。そのため海外では、HUAWEIのスマートフォンが売れているのです。
最近では、このような仕組みが日本でも流行するようになりました。今では、海外でスマートフォンメーカーによって規制をかけられる時代になっていますが、技術力、ブランド、トレンド、安さを中心としてスマートフォンの人気が成立しているため、HUAWEIのスマートフォンの人気が下がっているわけではありません。
なによりもHUAWEIは安くて性能の良いスマートフォンを、今でも世に送り出しているのです。かつては10万円を切るハイスペックスマートフォンなんてありませんでした・・・が、HUAWEIのスマートフォンが8~10万円で購入できるため、他のスマートフォンメーカーもこの価格帯で、ハイスペックスマートフォンを出すようになりました。
つまり、HUAWEIは時代をリードすることに成功したのです。これによりスマートフォンといえばHUAWEIのような雰囲気が生まれました。
その他の理由では、ASUSなど他のスマートフォンメーカーが価格のつり上げを行っているのに対して、HUAWEIのスマートフォンはそのようなことを行っていないところにあります。要するに、現代のスマートフォン価格は何度も価格変動しているような状況のため、「比較的安いスマートフォン、スマートフォンメーカー」は人気を上げやすい背景があるのです。”

page 1 of 1
ようこそ , Today is 木曜日 2023年2月2日