検索結果 アーカイブ: 6月 2020

優秀なスペックなのに安い「iPhone 11」

by admin
公開日時: 2020年6月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“安くて使いやすい最新スマートフォンを探している人には、iPhone 11がオススメです。
スペックが良いため、最近では、注目度を上げているスマートフォンとしても知られています。そんなiPhone 11のスペックですが、「ディスプレイが6.1インチ、本体サイズは高さ150.9mm、幅75.7mm、厚さ8.3mm、重量194g」となっているので、スマートフォンのサイズはマイルドです。
今では、ワイドボディタイプのスマートフォンが主流となっているため、久しぶりにスマートフォンを買い替えようか検討されている人の場合、サイズ差に驚かれる人もおられるでしょう。現代のスマートフォンの多くは、多機能・使いやすさを重視しているので、6インチ以上の重量170g以上は珍しくなくなりました。
iPhone 11のその他のスペックでは、カメラ性能が「アウトカメラは超広角で1200万画素、広角は1200万画素、デュアルカメラのインカメラは1200万画素」となっておりますので、HUAWEI製スマートフォン、Samsung製スマートフォンには劣りますが、それでも性能は平均以上となっています。
iPhone 11の処理性能は、「RAMが4GB、ROMは64GB・128GB・256GB、CPUはA13Bionicチップ、OSはiOS13、認証システムは顔認証に対応」となっているので、最新のものが搭載されているのは確かです。なによりiPhone 11は、「スマートフォンの人気ランキングで何度も1位に輝いている」特徴があります。
最新スマートフォンというだけでなく、使いやすさ、トレンドも重視したい人であれば、中々iPhone 11以上は見つからないでしょう。iPhone 11についてですが、iPhone 11は、2018年発売のiPhone XRの後継モデルに相当します。
iPhone 11は、iPhone XRのような「廉価版」を売りにしているものではなく、安くて使いやすいが追求されているスマートフォンです。iPhone 11は、「超広角レンズ搭載」となっているので、2つのレンズの搭載により、ポートレートモードを人以外にも適用できる機能があります。
しかもiPhone 11は、「8万円台で売られているスマートフォン」でもあるのです。他のスマートフォンに比べて劣っているわけでもなく、この価格帯で購入できるのですから、人気ランキングでトップなのにもうなづけます。気になるiPhone 11 Pro Maxとの機能差ですが、「有機ELディスプレイ」、「望遠レンズの有無」、「バッテリー容量」に差がある程度となっています。
スペックそのものは高いので、ハイスペックスマートフォンを求めている人であれば、iPhone 11に満足できるでしょう。”

カウントフリープランのサービス内容

by admin
公開日時: 2020年6月10日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“LINE MOBILEなどで有名なカウントフリープランというのは、特定のSNS利用に対してデータ通信料が発生しないサービスのことです。
LINE MOBILEの場合、「LINEフリープラン」、「コミュニケーションフリープラン」の2種類が用意されているため、自分に合ったプランを選びやすいという利点があります。近年では、通信データ容量を気にしてギガのやり取りをされている人が多く、その影響でLINE MOBILEのスマートフォンを利用する人が増えてきました。
「LINEフリープラン」を選択すると、通信データ容量は1GBとなりますが、これによりLINEのみのデータ容量はフリー(カウントされない)となるのです。そして、LINE MOBILEの「コミュニケーションフリープラン」では、3~10GBまで選べるようになっているので、現状の通信データ容量を参考にして、自分に合ったプランを選べるようになっています。
ちなみに、対象となるSNSは「LINE、Twitter、Facebook、Instagram」といった主要SNSです。”

「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」の難点は?

by admin
公開日時: 2020年6月8日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“すべての型落ちスマートフォンに言えることですが、格安スマホとして販売されているスマートフォンのため、性能が低い、マルチタスクに対応していない、デザインが古いといったデメリットを抱えています。
しかしSHARP AQUOS sense2 SH-M08は、「バッテリー容量が2700mAhと小さい」以外では、特に大きな難点はありません。最新モデルのスマートフォンであっても、バッテリー容量は3200~4300mAhということが多く、3000mAhを切るバッテリー容量では、バッテリーの減りを気にしながら使用するだけで、大きな支障は出ないことが多いでしょう。
しかもSHARP AQUOS sense2 SH-M08は、「長エネスイッチ」に対応しているので、1年経過しても購入時の電池持ちをキープできる強みがあります。これによりバッテリー劣化を防ぐことも可能なため、SHARP AQUOS sense2 SH-M08は人気が高いのです。”

page 1 of 1
ようこそ , Today is 土曜日 2020年11月21日