5G対応スマホの「moto g52j 5G」とは?

by admin
公開日時: 2022年10月27日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“4Gスマホでオンラインゲームをしているとタイムラグが発生して集中できなくなることもありますが、5Gスマホなら低遅延を実現させていますので問題なくプレイすることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「moto g52j 5G」という5Gスマホがあり、グラフィックがきれいなオンラインゲームでも快適に楽しめる高性能CPUや限りなく肉眼で見た色合いに近いものを視聴できる高精細大型ディスプレイ、すばやい動きもくっきり映せる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約206gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパールホワイトとインクブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2460 x 1080でアスペクト比20.5:9の約6.8インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、HDR、オートフォーカス、フラッシュ、顔認識、ビューティーモード、タッチフォーカス、電子式手ぶれ補正、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「TD Tech M40」とは?

by admin
公開日時: 2022年10月26日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gは4Gよりも性能が高くなっていますので多くの人に利用され始めていますし、スマートフォンでも本格的に普及すればいつでもどこでもどんなことも楽しめるようになると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「TD Tech M40」という5Gスマホがあり、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーやカメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラ、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUや美しさや解像度、キャラクターの動きを滑らかに表示する高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約71000円でRAM8GB/256GBモデルが約74000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約188gという誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000 Plus 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水防塵(IP53)やハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「HONOR 60 SE」とは?

by admin
公開日時: 2022年4月21日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gでの通信速度は4Gの10倍以上になるとされており、長時間の映画でも数秒でダウンロードすることができます。
ですので、いつでもどこでも安心してストレスフリーでスマートフォンを楽しめるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「HONOR 60 SE」という5Gスマホがあり、省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPUや高クオリティの写真が誰でも簡単に撮れる高性能カメラ、迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルは約4万円でRAM8GB/256GBモデルは約46000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約71ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約187gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、ファンタジー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 900 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDR、スーパーナイトモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーや防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Boost Mobile Celero 5G」とは?

by admin
公開日時: 2022年2月26日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gでは音楽ライブ配信やスポーツライブ配信なども、臨場感溢れる映像で楽しむことができますので、5Gスマホを使用して楽しんでいる人が増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々なスペックのものが数多くありますが、その中の一つに「Boost Mobile Celero 5G」という5Gスマホがあり、明るくて鮮やかな写真を撮ることが可能な高性能カメラやゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイ、負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動作する高性能CPUや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約167ミリ、重さ約196gといった誰でも扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1210×720でアスペクト比20:9の約6.51インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1600万画素+広角レンズがついた約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、ビューティーモード、プロフェッショナルモード、ハイブリッド光学ズーム、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャック、冷却システムや防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「ASUS ROG Phone 5s」とは?

by admin
公開日時: 2022年2月18日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gはネットワークスライジングによって効率的に運用されており、スムーズな通信を実現させていますのでスマートフォンを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機器メーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「ASUS ROG Phone 5s」という5Gスマホがあり、従来のカメラをはるかに超える高性能カメラや大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPU、映像を滑らかに表示する高精細大型ディスプレイや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約105000円でRAM16GB/512GBモデルが約125000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約173ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約238gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはストームホワイトとファントムブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2448×1080でアスペクト比20.4:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが144Hzに対応していますしGorilla Glass Victusを採用していますのでどこでも安心してゲームなども楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 888+ 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”"S22 UltraはデュアルSIMですか?
Galaxy S22シリーズでは、米国でのアンロックモデルでeSIM、ひいてはデュアルSIM機能(物理ナノSIM+eSIM)が利用できることが確認されています。
詳しくはこちら

5G対応スマホの「ZTE Axon 30」とは?

by admin
公開日時: 2021年11月29日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gは4Gを発展させて、超高速通信や超低遅延、同時多接続といった次世代移動通信システムになっています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機能を搭載した数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「ZTE Axon 30」という5Gスマホがあり、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUや手ブレを抑えた高画質な写真が撮れる高性能カメラ、映像を滑らかに表示する高精細大型ディスプレイやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約55000円でRAM12GB/256GBモデルが約66000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約170ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはアクアとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.9インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用していますので安心して使えますし、リフレッシュレートが120Hzに対応していますのでオンラインゲームや高画質動画などでも滑らかに楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5GスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

MOTOROLAのエントリーモデル「MOTOROLA g10」

by admin
公開日時: 2021年11月27日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“2万円以内で購入できるスマートフォンで、スペックが平均的なものであればよい・・・という場合、中々「MOTOROLA g10」よりよいものは見つからないかもしれません。
というのもMOTOROLA g10は、2021年発売のエントリーモデルだからです。パソコンと同じで、スマートフォンも最新のものほどスペックが高く、そのために人気もよいモデルが多い状況となっています。
MOTOROLA g10は、これらの条件を満たす希少なスマートフォンで、しかもMOTOROLA g10は、「チップセットにSnapdragon460を搭載」しているモデルなのです。チップセットと言われてもなんのことかわからない・・・という人もおられるでしょう。チップセットとは、処理性能を決めるものを言うのですが、わかりやすくまとめるとパソコンやスマートフォンに必須のパーツです。
チップセットが古いと「動作自体ができなくなる」など大きな不具合が起きるため、今では中古スマホを購入する人が減ってきました。しかしMOTOROLA g10は最新モデルでチップセットも配慮されており、しかも、「約19,800円」で購入できる可能性のあるスマートフォンなのに、「AnTuTuベンチマークスコアで12万前後をマークしている」実績まであるのです。
ベンチマークスコアの補足となりますが、MOTOROLA g10と同じエントリーモデルでは、基本的に10万を超えることはありません。10万を超えるようになってようやく動作が安定する最新ゲームもあるので、妥協してエントリーモデルを持つというより、スペックに惚れこんでMOTOROLA g10を選ぶ人が増えているような状況です。
価格の補足となりますが、MOTOROLA g10はMOTOROLA g30より低スペックで、MOTOROLA g30よりも価格が4,000円安いスマートフォンです。一見するとg30を選んだほうがよいのですが、g30よりも同価格帯で優れるモデルは多いため、「価格に妥協するのであればMOTOROLA g10、高品質を求めるのであればg30以上を選ぶ」とよいでしょう。
MOTOROLA g10のスペックですが、「動作環境はSnapdragon460、RAMは4GB、AnTuTu8ベンチマークは12万をマーク、内部ストレージは128GB、外部ストレージ対応で512GB、ディスプレイは6.5インチの解像度1600×720(HD+)」となります。エントリーモデルは「必要最低限のものを採用しているモデル」でもあるので、ディスプレイはHDでありFHDではありません。
しかしMOTOROLA g10はその他のスペックもよく、「カメラが背面4800万+800万+200万+200万画素の前面800万画素、バッテリー容量は5000mAh、サイズは165.2×75.7×9.1mm、重量は180g」となります。特に注目してほしいポイントは重量で、エントリーモデルの中でも特に軽いものがMOTOROLA g10です。”

知っておくと得するゲーミングスマホのチェックポイント

by admin
公開日時: 2021年10月22日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマートフォンの種類を大別すると、「Android、iPhone」に分けることができます。そのため、ゲーミングスマホを選ぶ際もAndroid、iPhoneで分別したほうがよいのですが、性能のよい方を選びたい場合はAndroidを選んだほうがよいです。
その理由ですが、Androidのゲーミングスマホはあらゆる点でiPhoneを上回っているからです。まず大きな差となっているのがコストパフォーマンスで、Androidは20,000~50,000円のスマートフォンの中にハイスペックスマートフォンが含まれるので、ゲーミングスマホ以外でもお買い得といえるものが満載です。
しかしiPhoneは同様の状況にはないので、ハイスペックスマートフォンが欲しい場合は50,000円以上のお金を出さないといけない・・・かもしれません。これがあるのでゲーミングスマホではAndroidのほうが上と言われているのです。
ただiPhoneも性能が低いわけではなく、最新のiPhoneに搭載されているCPU「A14 Bionic」は、Android端末よりも処理性能が高いため、CPUの性能で優劣を決めるのであれば、iPhoneを選ばれても問題ありません。
コストパフォーマンスの補足となりますが、「キャリアスマホよりもSIMフリースマホのほうが安い」のは常識なので、こちらもおさえておきAndroid、iPhoneから好きな端末を選ぶようにしてください。キャリアスマホはSIMフリースマホとは違い、初期設定などのサービスを行っている、通信回線が安定しているメリットがあるだけで、実はSIMフリースマホを購入されても、スマートフォンの設定や操作に慣れているユーザーであれば不便なく使えます。
しかしキャリアスマホは50,000円以上のモデルが多いので、SIMフリースマホのような1,000~30,000円で高品質なゲーミングスマホなどを購入できるようにはなっていません。
最近はキャリアスマホもSIMフリースマホを見習っている・・・という声もありますが、こちらについても賛否両論あるので注意してください。というのも、キャリアスマホが安くなった分だけSIMフリースマホも安くなっているからです。SIMフリースマホのオンラインストアにもよりますが、今ではゲーミングスマホとして使えるスマートフォンでも、価格にして1万円を切るモデルは少なくありません。”

エントリーモデルといえ侮れない「OPPO R17 Neo」

by admin
公開日時: 2021年5月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマートフォンを購入する際によく発生する悩みに、「スマートフォン購入で失敗したくない」という悩みがあります。
ですが、スマートフォンには価格帯によってエントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイエンドモデルがあるため、モデルと性能について知らない人の場合、スマートフォン購入で失敗する可能性はあると思ったほうが良いでしょう。また、スマートフォンの購入で失敗しない方法は、「格安スマホを購入する」ことです。
具体的には、エントリーモデルと呼ばれているものを購入するのですが、エントリーモデルであれば2万円以内でスマートフォンを購入できます。ミドルレンジモデルの場合は、2~8万円のスマートフォンが多いため、他のスマートフォンより安いとはいえません。
そして、とりあえず性能が良いエントリーモデルを探しているのであれば、「OPPO R17 Neo」がオススメです。OPPO R17 Neoには次のような特徴があるため、他のスマートフォンより優れているスマートフォンで、しかもエントリーモデルとして最低限の費用でスマートフォンを持つことができます。
OPPO R17 Neoのスペックですが、「CPUはSnapdragon 660、ROMは128GB、カメラ画素は1600万画素」となっているため、実は、国内のスマートフォンであればミドルレンジモデルと似通った性能です。OPPOはHUAWEIのスマートフォンと同じで中国製スマホに分類されるのですが、HUAWEIのスマートフォンのような米国からの制裁対象とはなっていません。そのため今では、HUAWEIのスマートフォンからOPPOのスマートフォンに切り替えるユーザー数が増加傾向にあります。
OPPO R17 Neoは機能も多く、「ディスプレイによる指紋認証搭載、大容量スペックの採用」となっており、国内のスマートフォンでは見られない性能となります。しかも大容量化に成功しているモデルのため、写真撮影などで大量のデータを使用されるユーザーでも、OPPO R17 Neoとは相性が良いのです。
スクリーンショットについても気が利いており、OPPO R17 Neoは「3本の指でディスプレイをなぞる」だけで、スクリーンショットができるようになっています。このようにOPPO R17 Neoは、他のスマートフォンメーカーにはない技術力の高さを有しているのです。”詳しくはこちら

HUAWEIのスマホはなぜ人気が高い?

by admin
公開日時: 2021年5月19日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマートフォンには、iPhoneやAndroidといった端末があります。しかし今では、Apple、Samsung、HUAWEIのスマートフォンを利用するユーザーが多く、それは現在も変化していません。
特にHUAWEIのスマートフォンは世界中に多くのユーザーを抱えており、Samsung、HUAWEIの新モデルは度々注目されるようになりました。そもそもスマートフォンのシェアについては、「Apple一強」と言われる時代がありました・・・ですが今では、安さ、技術ともにSamsung、HUAWEIのスマートフォンが認められるようになってきたのです。
このようになった背景には、いくつかの要因があります。一つは、日本のようにSIMフリー、キャリアでスマートフォンが成立している国は珍しく、海外ではSIMフリースマホを選択するユーザーが多いのです。つまり、日本は安さよりもブランド、安全性、性能などを求めているということです。しかし海外ではそのような考え方よりも、第一にトレンド、安さにおいて注目されているかを重視しています。そのため海外では、HUAWEIのスマートフォンが売れているのです。
最近では、このような仕組みが日本でも流行するようになりました。今では、海外でスマートフォンメーカーによって規制をかけられる時代になっていますが、技術力、ブランド、トレンド、安さを中心としてスマートフォンの人気が成立しているため、HUAWEIのスマートフォンの人気が下がっているわけではありません。
なによりもHUAWEIは安くて性能の良いスマートフォンを、今でも世に送り出しているのです。かつては10万円を切るハイスペックスマートフォンなんてありませんでした・・・が、HUAWEIのスマートフォンが8~10万円で購入できるため、他のスマートフォンメーカーもこの価格帯で、ハイスペックスマートフォンを出すようになりました。
つまり、HUAWEIは時代をリードすることに成功したのです。これによりスマートフォンといえばHUAWEIのような雰囲気が生まれました。
その他の理由では、ASUSなど他のスマートフォンメーカーが価格のつり上げを行っているのに対して、HUAWEIのスマートフォンはそのようなことを行っていないところにあります。要するに、現代のスマートフォン価格は何度も価格変動しているような状況のため、「比較的安いスマートフォン、スマートフォンメーカー」は人気を上げやすい背景があるのです。”

page 1 of 9
ようこそ , Today is 木曜日 2022年10月27日