「jetfon」「変なSIM」登場

by admin
公開日時: 2018年9月6日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

MAYA SYSTEMが7月17日発表した「jetfon(ジェットフォン)」は、国内初のクラウドSIM対応スマホです。価格は3万9800円(税別)で、現在公式Webサイトや家電量販店などで予約を受け付けています。同社が手がける海外渡航者向けモバイルルーターの販売・レンタルサービス「jetfi(ジェットファイ)」と同様に、香港uCloudlinkのクラウドSIMテクノロジーを採用し、月額基本料金無料で、1日380円からデータ通信を利用できるようになっているのです。SIMスロットを2つ備えていて、国内での通話・通信用に大手キャリアやMVNOのSIMカードを入れておくこともできますモバイルルータータイプやSIMカードタイプの場合、スマホにおいて接続設定が必要ですが、jetfonは接続設定せずにクラウドSIMサービスを使えるという点が大きなメリットです。注意点としては、「データプランの購入」です。jetfonでクラウドSIMを利用する際は、渡航先やデータ容量・日数に合わせたデータプランを購入します。その購入に当たり、何らかのネット接続手段を用意する必要があるのです。https://works.rsupport.com

働き方改革を「仮眠」で実現する実証実験結果報告

by admin
公開日時: 2018年8月30日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

実施期間は5月28日から6月22日までのおよそ1ヵ月間で、被検者は三菱地所従業員12名です。SleepTech事業を展開するニューロスペースは8月8日、三菱地所と共同で実施した、仮眠室活用による従業員の生産性向上効果検証実験の結果を発表しました。実施期間は5月28日から6月22日までのおよそ1ヵ月間で、被検者は三菱地所従業員12名です。仮眠を取得した期間の午後では仮眠を取得しなかった期間の午後と比較して、客観的な計測データおよび主観的なアンケート結果の両面において「高い集中力」が見られる結果となりました。また日中の眠気についても、仮眠を取得した期間では仮眠を取得しなかった期間に比較して「眠気が低減される」効果が確認されたのです。実験に参加した従業員へのアンケート結果からは、「仮眠を継続したい」意向が80%超と、仮眠効果の実感と継続の意向が強かったのです。三菱地所 人事部長 相川雅人氏は、「従業員にはこれまで以上に仮眠を効果的に取る習慣を付けてもらうことを期待するとともに、生産性向上および健康面の観点から、自身の睡眠に対する関心を高めてもらうようにしたい」とコメントしています。テレワークとは

中小企業野働き方改革を考える

by admin
公開日時: 2018年8月26日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

中小企業は、元請け会社にがんじがらめに?こうした実体はなかなか表面化しないので、はっきりしたことは分からないのですが、ネットでは、大企業の正社員が帰ってしまった金曜の夜から休日にかけて、外注を受けたフリーランスや下請け企業の社員が必死で働く様子が話題になっています。日本商工会議所が懸念を表明したのも、このような事態を反映してのことでしょう。もっともこうしたスタンスに対しては、中小企業や零細事業者だからといって、言い訳は許されないという厳しい意見もあります。米国やドイツでは、中小企業だからといって利益率が著しく低いということはありません。規模は小さいながらもそれなりの競争力を持った企業が活動しているからです。日本の場合は、中小企業は資金繰りの面においても、銀行や元請け会社にがんじがらめにされているケースが多く、事実上、当事者能力を失っているところも少なくないのです。このような状況では、働き方改革を進めようにも進められないというのが現実なのかもしれません。

仕事と遊びの境目薄く 創造性高めるじぶん働き方改革

by admin
公開日時: 2018年8月20日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

機械が本格的に私たちの仕事を奪いにくる?ホワイトカラーの間接業務を自動化する技術と、それを利用した業務改革の手法はRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ばれていて、近年特に注目が集まっているそうです。RPAにより時間がかかっている作業から私たちは解放されて、今まで費やしていたムリ・ムラ・ムダといった時間が減少するため、創造性があることに多くの時間を費やすことができるようになるといわれているのです。今後どんどん面倒臭いことから解放されるんだと思うと「さて、何をしようかな?」とワクワクしてくる人もいる一方で、そういった状況に不安を持つ人のほうが大半かもしれません。パワーポイントでの資料作成時間を劇的に短縮化するソフトが導入された時は、ラクになるというほっとした気持ちよりも、「自分の仕事が機械に取って代わられる」「クビになるのでは?」という不安のほうが勝った人も多いかもしれません。「今のままの仕事の仕方ではダメだ」と強烈な危機感を感じる人も少なくないでしょう。
https://works.rsupport.com

(29)Galaxy Note8を使って手帳いらず生活を始めましょう!

by admin
公開日時: 2018年2月21日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

今年10月に発売にGalaxy Note8がいよいよ発売となります!
前モデルからスリムに進化し、スペックもアップデートされた本機。
6.3インチ、ベゼルレスのInfinity Displayは、他にはない大迫力の画像が楽しめること間違いなしの一台です。
画面も一回り大きく生まれ変わったので一度にたくさんの情報を見ることができ、メモが更に取りやすくなりました。
付属されるSペンは、なんと筆圧まで感知してくれる優れモノ。
メモだけでなく、写真への書き込みもオリジナリティが出せて楽しめますね。
さて、気になるスペックはというと、Octa−coreプロセッサと6GB RAMの超高性能。
処理能力が格段にUPしたので、複数アプリの起動もなんらストレスを感じません。
カメラは広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラ。
どちらも光学手ブレ補正機能がついているので、どんな環境でもベストショットを逃しません。
この一台に、手帳・タブレット・スマホの機能がギュッとつめこまれています。
複数持ちはもう卒業して、Galaxy Note8にすべてまとめてみてはいかがでしょうか!

「ZTE Blade D2」のスペック

by admin
公開日時: 2018年1月30日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

他の端末への電源供給ができる機能と大容量バッテリーを搭載し、高性能ヘキサコアCPUや指紋認証センサーも搭載しながら低価格を実現させているスマホが「ZTE Blade D2」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約69ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約155gといった薄型軽量コンパクトサイズになっていて、カラーバリエーションはホワイトのみが用意されています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは他の端末への電源供給や充電に対応している4,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMediaTek MT6735Pヘキサコア2.0GHzを搭載していてRAMが2GBを備えています。
ストレージは8GBで64GBまで増やすことができます。
カメラはオートフォーカスを備えた約500万画素のメインカメラと約200万画素のサブカメラが搭載されています。
この他にはSIMスロットルはデュアルSIM対応になっていますので2枚使用することができますし、通信はLETに対応しています。

「Xiaomi Mi5s」のスペック

by admin
公開日時: 2018年1月22日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

指紋認証センサーが超音波式になっていて、従来よりも高いセキュリティ性を実現させているスマホが「Xiaomi Mi5s」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約145gという軽量スリムボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、グレー、ローズゴールドの4色が用意されています。
ディスプレイは約5.15インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3,200mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン821クアッドコア2.15GHzを搭載していてRAMが3GBになっています。
カメラは約1,200万画素のメインカメラと約400万画素のインカメラが搭載されており、スマイル認識機能やタッチオートフォーカスなどが使用できます。
また、どちらのカメラにもF2.0の明るいレンズが付いていますので暗いところでも明るくて綺麗な写真を撮ることができますし、4K動画撮影やスローモーション撮影などもできます。

「Galaxy Note8 SC-01K」のスペック

by admin
公開日時: 2018年1月17日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

超大型ディスプレイと超高性能CPUを搭載し、アットベリーなパフォーマンスで人気を集めているスマホが「Galaxy Note8 SC-01K」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約190gになっており、カラーバリエーションはミッドナイトブラックとメープルゴールドが用意されています。
ディスプレイは約6.3インチ有機EL液ディスプレイを搭載しており、ベゼルが細い狭額縁設計になっています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン835オタクコアが採用されていてRAMが驚きの6GBになっています。
バッテリーは連続待受時間が約330時間となる3,300mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約1,200万画素と約1,200万画素のデュアルカメラをメインカメラに搭載し、サブカメラは約800万画素が搭載されており、メインカメラには広角レンズと明るいレンズが採用されています。
また、サブカメラにはオートHDR撮影やパノラマモードが付いています。
ストレージは64GBで256GBまで増やすことができます。

「DOOGEE T6 Pro」のスペック

by admin
公開日時: 2018年1月11日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

安心の大容量バッテリーを搭載して、高性能カメラで美しい写真が思い通りに撮れるスマホはたくさんありますが、その中でも特に注目されているスマホが「DOOGEE T6 Pro」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約77ミリ、高さ約155ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約170gとなっており、カラーバリエーションはブラックとホワイトが用意されています。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶高解像度ディスプレイを搭載しており、CPUはMTK6753オタクコア1.5GHzを搭載していてRAMが3GBになっています。
バッテリーは6,250mAh大容量バッテリーを搭載し、約10分間で25%も充電可能な急速充電に対応しています。
カメラはソニー製センサーが付いた約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、夜景モードやデュアルLEDフラッシュが付いていますので暗いところでも美しい写真が撮影できます。
また、インカメラはソフトウェア機能によって約800万画素相当で撮影することができます。

「Alcatel SHINE LITE」のスペック

by admin
公開日時: 2017年12月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

高級感溢れるデザインのスマホは「Alcatel SHINE LITE」です。
メタリック塗装されたバッテリーカバーがプレミアムな高級感を演出していますし、ガラスとメタルのシームレスでエッジが目立たないスッキリした仕上がりになっています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約156gになっており、カラーバリエーションはピュアホワイト、サテンゴールド、プライムブラックの3色が用意されています。
セキュリティでは指紋認証が付いていますし、複数の指紋をカスタマイズ登録できますので安心です。
カメラは高性能な約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、インカメラには自撮り用のフラッシュも付いていますので暗い場所でも明るく撮ることができます。
バッテリーは2,460mAhという大容量バッテリーを搭載していますので安心ですし、ディスプレイは約5インチですので色々なことを大画面で楽しむことができます。

page 2 of 4
ようこそ , Today is 金曜日 2018年12月7日