HUAWEIのスマホはなぜ人気が高い?

by admin
公開日時: 2021年5月19日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマートフォンには、iPhoneやAndroidといった端末があります。しかし今では、Apple、Samsung、HUAWEIのスマートフォンを利用するユーザーが多く、それは現在も変化していません。
特にHUAWEIのスマートフォンは世界中に多くのユーザーを抱えており、Samsung、HUAWEIの新モデルは度々注目されるようになりました。そもそもスマートフォンのシェアについては、「Apple一強」と言われる時代がありました・・・ですが今では、安さ、技術ともにSamsung、HUAWEIのスマートフォンが認められるようになってきたのです。
このようになった背景には、いくつかの要因があります。一つは、日本のようにSIMフリー、キャリアでスマートフォンが成立している国は珍しく、海外ではSIMフリースマホを選択するユーザーが多いのです。つまり、日本は安さよりもブランド、安全性、性能などを求めているということです。しかし海外ではそのような考え方よりも、第一にトレンド、安さにおいて注目されているかを重視しています。そのため海外では、HUAWEIのスマートフォンが売れているのです。
最近では、このような仕組みが日本でも流行するようになりました。今では、海外でスマートフォンメーカーによって規制をかけられる時代になっていますが、技術力、ブランド、トレンド、安さを中心としてスマートフォンの人気が成立しているため、HUAWEIのスマートフォンの人気が下がっているわけではありません。
なによりもHUAWEIは安くて性能の良いスマートフォンを、今でも世に送り出しているのです。かつては10万円を切るハイスペックスマートフォンなんてありませんでした・・・が、HUAWEIのスマートフォンが8~10万円で購入できるため、他のスマートフォンメーカーもこの価格帯で、ハイスペックスマートフォンを出すようになりました。
つまり、HUAWEIは時代をリードすることに成功したのです。これによりスマートフォンといえばHUAWEIのような雰囲気が生まれました。
その他の理由では、ASUSなど他のスマートフォンメーカーが価格のつり上げを行っているのに対して、HUAWEIのスマートフォンはそのようなことを行っていないところにあります。要するに、現代のスマートフォン価格は何度も価格変動しているような状況のため、「比較的安いスマートフォン、スマートフォンメーカー」は人気を上げやすい背景があるのです。”

Googleの要求するセキュリティが高いスマホは?

by admin
公開日時: 2021年3月23日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“Android端末の中でも、ビジネスの場面で使用できるセキュリティは存在します。
このようなAndroid端末は、「Android Enterprise Recommended」準拠となっているかで探すことができます。インターネット上では、セキュリティが高いスマートフォンを列挙していることもありますが、これらはAndroid Enterprise Recommendedを参考にしていることが多いです。
ちなみにAndroid Enterprise Recommendedは、「Googleの要求する基準を満たしているか」にも該当するので、Android Enterprise Recommendedで選出されたスマートフォンは、世界的にも評価の高いスマートフォンと言えるでしょう。
Android Enterprise Recommended準拠のスペックですが、企業向け、個人向けのスマートフォンのスペックに対して言っているので、企業向けのスマートフォンでなければ該当しないわけではありません。具体的には、次のようなスペックを誇るものであれば問題ないのです。
OSバージョンはAndroid 7.0以降(64ビット)、SoCはCPUクロック1.4GHz以上、内蔵メモリはROM 32GBでRAM 2GBとなっています。そのため、新型スマートフォンのほとんどはこの条件を満たしていることになります。Android Enterprise Recommended準拠というと、ハードルが高そう・・・と思ってしまいますが、実のところそんなことはありません。
その他としては、カメラはリア1000万画素、フロント200万画素以上で、バッテリーは8時間以上の連続稼働時間となっていれば問題ありません。OSアップデートについても最低1回以上かけられていて、セキュリティアップデートがGoogleのセキュリティパッチリリースから90日以内に配信となっています。
このような条件をクリアするスマートフォンですが、ハイエンドモデルスマートフォンでなければ該当しないわけでもありません。OS、メモリについてはミドルレンジモデルスマートフォンでもほぼクリアできているAndroid端末が増えていますし、スペック表を確認することは簡単なので、欲しいAndroid端末が見つかった際はチェックしてみましょう。
補足となりますが、Android Enterprise Recommended準拠のスマートフォンのほとんどは海外メーカーのものです。国内メーカーのスマートフォンはほぼ該当しないので、こちらも覚えておいたほうが良いでしょう。”

「Galaxy Note 10+」は何が良くて売り上げが伸びている?

by admin
公開日時: 2020年11月21日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スペックが高いことで評価されているスマートフォンを、ハイスペックスマートフォンといいます。今回は、そんなハイスペックスマートフォンの中でも売れ筋なGalaxy Note 10+について、良いところを掘り下げていこうと思います。
Galaxy Note 10+の長所その1は、ワイドディスプレイのスマートフォンに仕上がっているところです。過去であれば、スマートフォンは動画、SNS、ゲームに利用できるスペックのみあれば良かった・・・のですが、今ではスペック不足として扱われることが増えてきました。特にワイドディスプレイのスマートフォンでなければ売れないほど、ワイドディスプレイの評価が急上昇しています。
なぜGalaxy Note 10+のような、ワイドディスプレイが支持されているのかというと、それは、「画面が見やすい」からです。従来のスマートフォンは名の通りでスマートなため、ディスプレイサイズについても6インチを切ることが少なくありませんでした。手が小さな人であれば問題なく操作できるのですが、指先が器用ではない人、機械の操作に慣れていない高齢者にとっては「使いづらいスマートフォン」のため、Galaxy Note 10+のような操作性が重視されているモデルは人気です。
なによりもGalaxy Note 10+は、6.8インチのサイズにもかかわらず「重さが200g未満」となっています。スリムコンパクトなスマートフォンでは150gを切るものもありますが、軽すぎるものは壊れやすい、容量が小さい、多機能ではない・・・など、あらゆる面でハイエンドモデルに劣るため忌避する人が増えてきました。そのため、Galaxy Note 10+のディスプレイサイズは評価されているのです。
Galaxy Note 10+の長所その2は、「万能カメラ」です。2019年に発売されたスマートフォンの中でもトップにランクインするほど、Galaxy Note 10+はカメラ性能が評価されています。
Galaxy Note 10+には超広角カメラがあるため、幅広い場面でも使えるカメラとなっています。しかもGalaxy Note 10+は、ライブフォーカスを動画で使えるため、ポートレートモードを動画でも使用できる面白さがあるのです。
Galaxy Note 10+の長所その3は、「バッテリー容量が4300mAhと大ボリューム」なところでしょう。一般的なスマートフォンでは、バッテリー容量が3000mAhもいけば大ボリュームと言われるほどなので、単純に比較してもGalaxy Note 10+のほうが圧倒的に上です。動画、ゲームなどで長時間スマートフォンを使うことが多い・・・、そんな人とGalaxy Note 10+は相性が最高だと言えます。”

「ミドルレンジモデル」でもスペックはかなり高め!

by admin
公開日時: 2020年11月7日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“KDDIが2020年11月に発売を予定している、Galaxy Aシリーズの最新スマホ「Galaxy A51 5G」について見ていきたいと思います。今回発売予定となっているGalaxy A51 5Gですが、ハイエンドモデルではなくミドルレンジモデルとして登場予定となっています。5G対応スマホになっている時点でハイエンドモデル、というイメージがありますが一体どんなスペックを備えたスマートフォンなのか、またハイエンドモデルと呼ばれる「Galaxy S20」シリーズや「Galaxy NOTE」シリーズと比較しながら、その違いも詳しくご紹介したいと思います。是非、気になっている方はこれを参考に検討してみてくださいね。
それでは早速スペックについて見ていきましょう。Galaxy A51 5Gのディスプレイは、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載しています。CPUにはsnapdragon765、メモリーも6GBでストレージも128GBあるのでかなり大容量なスマートフォンとなっています。これだけあれば、写真撮影はもちろん、動画を撮影したり、アプリを
複数ダウンロードしても問題ありません。容量を気にすることなく、気になったアプリをダウンロードできる点や、今流行の5G対応スマートフォンという点を見てもミドルレンジモデルとは思えないスペックとなっています。
更に画面内指紋認証センサーを搭載しているので、シンプルなデザインながら機能もしっかりしているので驚きです。またバッテリーも4500mAhあるので、一日中使っていても快適に使えます。普段からゲームをしたり、動画配信を見るという方にもおすすめです。
ちなみに同じGalaxy Sシリーズで、ハイエンドモデルといわれる上位モデルのスマートフォン「Galaxy S20」は、6.2インチの有機ELディスプレイを搭載、メモリーは12GB、ストレージは128GBとなっています。CPUにsnapdragon865 5Gを搭載しているので、ここの違いが大きいですが、その他は、バッテリー容量4000mAhなのでどの点を重視して選ぶかが重要です。移動先で充電する機会があまりなく、十分な容量を備えているスマートフォンをお探しなのか、ハイスペックモデルがいいのか、名前だけで決めてしまうのはとても勿体無いです。
ミドルレンジモデルと言われるGalaxy A51 5Gですが、実はハイエンドモデルと呼ばれるGalaxy S20にも搭載されている極限までベゼルをカットして作られた全画面デザインのInfinity-O Displayを搭載している点を見ても、そこまで大きな違いはありません。
ただし比較的重たいゲームや画面をタッチしてから反応するまでのスピードを重視して選びたい、という方にはなるべく性能の良いもの、ハイスペックモデルがおすすめです。そうでない場合は、どんな点を重視して選びたいかよく見て選ぶといいですね。11月に発売されるということなので、是非気になっている皆さんは公式HPをよく見ておきましょう。”Galaxy A51公式サイトはこちら

スタミナに自信のある格安スマホ「OPPO AX7 CPH1903」

by admin
公開日時: 2020年9月20日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“近年では、OPPOシリーズのスマートフォンが注目を集めています。
その中でも特に注目を集めているのが、OPPO AX7 CPH1903です。OPPO AX7 CPH1903は、「バッテリー容量が4230mAh」となっているため、スタミナに自信のあるスマートフォンを探している人であれば、OPPO AX7 CPH1903を選ばれると良いでしょう。
そもそも格安スマホの多くは、バッテリー容量が3000mAhほどしかないため、バッテリー容量に余裕のあるスマートフォンは希少です。格安スマホの中では「ASUS・OPPO」のような一部のスマートフォンメーカーのみ対応となっているので、今では、OPPOシリーズが注目されるようになってきたのです。
OPPO AX7 CPH1903の場合、「バッテリー消費を抑える機能」が備わっているところも魅力的で、使っていないアプリについては、機能の働きで自動停止されるようになっています。そのためOPPO AX7 CPH1903は、省エネを意識しているスマートフォンを探している人に対してもオススメできるのです。
OPPO AX7 CPH1903のスペックですが、「6.2インチのディスプレイ」を採用しているだけでなく、ディスプレイには反射を防ぐコーティングが施されているため、スマートフォンを使用している際の光の反射が気になる・・・という人であれば、OPPO AX7 CPH1903と相性が良いでしょう。OPPO AX7 CPH1903の機能はこれだけでなく、他にも、「手ブレ補正付きデュアルカメラ」によって被写体をきれいに撮影できるようになっています。
ただしOPPO AX7 CPH1903は、処理性能が高いわけではありません。処理性能が良いものを求めているのであれば、OPPO R17 Pro CPH1877を購入するようにしましょう。
OPPO R17 Pro CPH1877のスペックは、「6.4インチのディスプレイ、画面占有率91.5%、メモリ6GB、ストレージ容量は128GB」となっています。OPPOシリーズの中でも、OPPO R17 Pro CPH1877はマルチタスクに対応できるようになっているため、多くのアプリを同時に起動することの多い人であれば、OPPO R17 Pro CPH1877がオススメです。
しかもOPPO R17 Pro CPH1877は、「インカメラ2500万画素、8つのモードが用意されている」ため、こだわりのある写真撮影をしたい人に対してもオススメできます。「ウルトラナイトモード」による補助も入るため、高画質で美麗な夜景を撮影することも苦ではありません。
その他にもOPPO R17 Pro CPH1877は、3700mAhバッテリーを10分で約40%チャージできる「Super VOOC」対応となっているので、格安でスペック、機能にこだわっているだけでなく、バッテリー容量・機能が良いものを探している人と相性が良いです。”

コスパ重視スマートフォンの選び方

by admin
公開日時: 2020年9月18日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“SIMフリースマホが人気のため、SIMフリースマホに対してコストパフォーマンス抜群という表現が良く用いられています。
ですが、すべてのSIMフリースマホがコストパフォーマンス抜群か・・・というと、実はそうでもありません。次のことを良く知らずにキャッチコピーを参考にしてしまうと、従来のものより性能が良くないものを購入する羽目になってしまいます。
ちなみに、コスパ重視スマートフォンとして人気のものは、「iPhone SE・Mi Note 10・HUAWEI nova 5T・OPPO Reno A・Google Pixel 3a」などです。コストパフォーマンスが良いとされているスマートフォンは、暗黙の了解のように、コストが「約3~6万円の間」となっているので、こちらの価格帯から外れるものについては警戒したほうが良いかもしれません。
その他の注意点として、コスパ重視スマートフォンは「RAM」もチェックするようにしましょう。というのも、SIMフリースマホの中には「RAM4GB未満」のものも含まれるからです。
RAM4GB未満でも動作するのであれば問題ない・・・と考える人もいますが、今では、このような考え方が通用しないケースも少なくありません。というのも、現代のスマートフォンはマルチタスク機能が基本となっているため、「複数のアプリを同時に使う」ケースが増えてきたからです。
マルチタスク機能は想像以上にメモリ不足を招く機能のため、RAMが低いSIMフリースマホは、基本的に「時代遅れ」と判断したほうが良いです。しかも、メーカー側はRAMが低いSIMフリースマホに対して、「SNS・動画・ゲームがサクサク動作する」といった、キャッチコピーを使用していることが多くあります。
つまり、何も知らずに最新スマートフォンらしいという情報のみで、SIMフリースマホを購入してしまうと、お目当てのゲームなどが動作しないものを、数万円も出して購入した・・・という結果になるのです。このようなトラブルに巻き込まれたくない場合は、前述のコスパ重視スマートフォンから、好きなものを選ぶようにしてください。
また、SIMフリースマホの中には「情報が曖昧」なものも少なくありません。そのため、本当にコスパ重視スマートフォンかどうかを確かめたい場合は、「ディスプレイであれば大きさ・解像度・画面占有率・アスペクト比」をチェックするようにしましょう。
その他では、「カメラはレンズ数・倍率・超広角レンズの画角・手ブレ補正機能」などもチェックするようにします。最新スマートフォンはバッテリーも優れているため、「バッテリーの情報に容量・充電機能や充電にかかる時間・バッテリーの連続視聴時間」が載っているかも、確認したほうが賢明でしょう。
最新スマートフォンほど多機能であることをアピールしているのですが、これらの情報は一部の情報でしかありません。なので、必ずスペックデータも確認するようにして、 希望に見合うコスパ重視スマートフォンかどうかを確かめましょう。”

コンパクトサイズが特徴のモバイルバッテリー

by admin
公開日時: 2020年9月16日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“コンパクトサイズを売りにしているモバイルバッテリーとして、「MOXNICE モバイルバッテリー 1043」、「Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011」を案内します。
MOXNICE モバイルバッテリー 1043は、モバイルバッテリーの中でもコンパクトサイズとなっているので、バッテリー容量が高く、コンパクトサイズのものを探している人にオススメです。MOXNICE モバイルバッテリー 1043のバッテリー容量は「10000mAh」となっているため、一般的なスマートフォンであれば約3回のフル充電が可能となります。
ミドルレンジモデルのスマートフォンの多くは、「2000~3500mAh」のものが多いので、MOXNICE モバイルバッテリー 1043であれば、余裕のある充電を行えるようになるでしょう。補足となりますが、他のモバイルバッテリーにも10000mAhは多いです。
しかしMOXNICE モバイルバッテリー 1043は、「同時急速充電」に対応しているモバイルバッテリーで、2ポート合計では4.2A出力が可能となっています。MOXNICE モバイルバッテリー 1043のスペックは、「約幅82mm・奥行き82mm・高さ15mm」となっているので、特別なコンパクトサイズとなっているのは事実です。
同価格帯では、中々MOXNICE モバイルバッテリー 1043並みのサイズはありません。小物バッグに入れてかさばるのは困り、服装のポケットに入れて持ち運びをしたい、そんな人にもMOXNICE モバイルバッテリー 1043はオススメです。
Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011ですが、こちらは「ハイブリッドタイプ」として人気のUSB充電器です。なにがハイブリッドなのかというと、Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011はUSB充電器でありながら、外出中では、モバイルバッテリーとしての用途も満たしてくれるスマートフォングッズとなっています。
ただし、Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011のバッテリー容量は「5000mAh」となっているので注意してください。Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011は、独自技術の「PowerIQ・VoltageBoost」を導入しているため、2台の端末の充電であっても素早く終えられるようになっています。
USB充電器の多くは、Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011に比べて機能面で劣ることが多いため、機能性が良いものを探している場合は、Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011より良いものは見つからないかもしれません。しかもAnker PowerCore Fusion 5000 A1621011は、「発熱・発火を未然に防ぐ多重保護システム搭載」となっているので、モバイルバッテリーで見られる事故を抑制したい場合にも効果的です。”参照

最高評価が目立つ「ASUS ZenFone 6」

by admin
公開日時: 2020年9月6日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“SIMフリースマホで、ハイスペックスマートフォンとして評価されているものを探している場合、ASUS(エイスース) ZenFone 6がオススメです。
ASUS ZenFone 6のスペックは次のとおりとなっています。「サイズは約159.1mmx約75.4mmx約9.1mm」となっているので、ASUS ZenFone 6は、他のSIMフリースマホと比べてサイズが大きいスマートフォンとなっているのですが、今では、容量アップを意識して、スマートフォンのサイズアップが標準化しているため、大きいスマートフォンは古いモデルに多い・・・、と決まっているわけではありません。
ASUS ZenFone 6の処理性能は、「プロセッサがSnapdragon 855 (オクタコアCPU) 2.84GHz」のため、マルチタスク機能を活用して、SIMフリースマホを動作させるのは困難ではありません。現代のハイスペックスマートフォンは、1つの動作のみで完結させるケースが少なく、例えば、SNSの通知を受ける、ゲームをプレイしながら動画を見るといった、マルチタスク機能に長けているものほど高評価のため、ASUS ZenFone 6の評価は高いのです。
実際に、SIMフリースマホのランキングサイトでも、ASUS ZenFone 6は常にトップ入りしているほどの人気となっています。なぜこれほどの評価を得ているのか・・・というと、それは、その他のスペックについてもASUS ZenFone 6は優れているからです。
例えば「OSは最新Android 9.0、RAM・ROMは6GB・8GB、128・256GB」となっているため、格安スマホに分類されるスマートフォンなのかと思ってしまうほど、高性能を充実させてあるモデルとなっています。これだけでも素晴らしいのですが、ASUS ZenFone 6は、「画面サイズは約6.4インチで使いやすい、メインカメラは約4800万画素・約1300万画、バッテリーは5000mAh」となっているため、つけいるすきがないモデルとなっているのです。
ちなみに、ASUS ZenFone 6と同パフォーマンスのスマートフォンの中には、ASUS ZenFone 6より数万円も高いモデルがあります。指紋認証・顔認証、その他のシステムで違いはあるのですが、インターネット・動画・SNS・ゲーム・ビジネスでスマートフォンを使用する場合、その差は大きいと言えるものではありません。
つまり、「数万円分の損をしてしまうモデル」も紛れ込んでいるのです。このことを踏まえて考えると、なぜASUS ZenFone 6の評価は高いのか・・・、こちらについても良く理解できることでしょう。
しかもASUS ZenFone 6は、バッテリー容量が5000mAhと高く「急速充電対応」のモデルとなっています。総合的に優れているSIMフリースマホを探している人であれば、中々ASUS ZenFone 6より良いモデルは見つからないかもしれません。”

優秀なスペックなのに安い「iPhone 11」

by admin
公開日時: 2020年6月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“安くて使いやすい最新スマートフォンを探している人には、iPhone 11がオススメです。
スペックが良いため、最近では、注目度を上げているスマートフォンとしても知られています。そんなiPhone 11のスペックですが、「ディスプレイが6.1インチ、本体サイズは高さ150.9mm、幅75.7mm、厚さ8.3mm、重量194g」となっているので、スマートフォンのサイズはマイルドです。
今では、ワイドボディタイプのスマートフォンが主流となっているため、久しぶりにスマートフォンを買い替えようか検討されている人の場合、サイズ差に驚かれる人もおられるでしょう。現代のスマートフォンの多くは、多機能・使いやすさを重視しているので、6インチ以上の重量170g以上は珍しくなくなりました。
iPhone 11のその他のスペックでは、カメラ性能が「アウトカメラは超広角で1200万画素、広角は1200万画素、デュアルカメラのインカメラは1200万画素」となっておりますので、HUAWEI製スマートフォン、Samsung製スマートフォンには劣りますが、それでも性能は平均以上となっています。
iPhone 11の処理性能は、「RAMが4GB、ROMは64GB・128GB・256GB、CPUはA13Bionicチップ、OSはiOS13、認証システムは顔認証に対応」となっているので、最新のものが搭載されているのは確かです。なによりiPhone 11は、「スマートフォンの人気ランキングで何度も1位に輝いている」特徴があります。
最新スマートフォンというだけでなく、使いやすさ、トレンドも重視したい人であれば、中々iPhone 11以上は見つからないでしょう。iPhone 11についてですが、iPhone 11は、2018年発売のiPhone XRの後継モデルに相当します。
iPhone 11は、iPhone XRのような「廉価版」を売りにしているものではなく、安くて使いやすいが追求されているスマートフォンです。iPhone 11は、「超広角レンズ搭載」となっているので、2つのレンズの搭載により、ポートレートモードを人以外にも適用できる機能があります。
しかもiPhone 11は、「8万円台で売られているスマートフォン」でもあるのです。他のスマートフォンに比べて劣っているわけでもなく、この価格帯で購入できるのですから、人気ランキングでトップなのにもうなづけます。気になるiPhone 11 Pro Maxとの機能差ですが、「有機ELディスプレイ」、「望遠レンズの有無」、「バッテリー容量」に差がある程度となっています。
スペックそのものは高いので、ハイスペックスマートフォンを求めている人であれば、iPhone 11に満足できるでしょう。”

カウントフリープランのサービス内容

by admin
公開日時: 2020年6月10日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“LINE MOBILEなどで有名なカウントフリープランというのは、特定のSNS利用に対してデータ通信料が発生しないサービスのことです。
LINE MOBILEの場合、「LINEフリープラン」、「コミュニケーションフリープラン」の2種類が用意されているため、自分に合ったプランを選びやすいという利点があります。近年では、通信データ容量を気にしてギガのやり取りをされている人が多く、その影響でLINE MOBILEのスマートフォンを利用する人が増えてきました。
「LINEフリープラン」を選択すると、通信データ容量は1GBとなりますが、これによりLINEのみのデータ容量はフリー(カウントされない)となるのです。そして、LINE MOBILEの「コミュニケーションフリープラン」では、3~10GBまで選べるようになっているので、現状の通信データ容量を参考にして、自分に合ったプランを選べるようになっています。
ちなみに、対象となるSNSは「LINE、Twitter、Facebook、Instagram」といった主要SNSです。”

page 2 of 9
ようこそ , Today is 木曜日 2023年2月2日