検索結果 カテゴリー: 未分類

【格安SIM】料金プランを見直そう!安さだけで選んではダメな理由とは?

by admin
公開日時: 2024年6月13日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“昨今では、料金の安さからキャリアではなく、格安SIMを利用しているユーザーが増えています。
この記事を読んでいる読者の皆さまも、
「少しでも料金を安くしたい、プランの見直しを考えている」
という方も多いのではないでしょうか。
日本国内では、スマホ利用者の約4割が格安SIMを使っていると言われています。
ただ、格安SIMには様々な料金プランがあります。
データ通信だけでなく、通話プランも組み合わせないといけないので、正直どのプランを選べいいか分からない、プランの見直しをしたくてもよく分からない方が多いです。
そこで、今回は格安SIMの料金プランを選ぶ際に、安さだけで選んではいけない理由とプランの選び方をご紹介します。
今お使いのプランが自分に合っているのか?
この機会に是非、見直しをしてみてください。
■ポイント①:使用しているデータ量、通話時間を確認しよう!
まずは、皆さんの先月使ったスマートフォンのデータ量と通話時間を確認しましょう。
今、すぐにデータ量、通話時間ともに把握している方は問題ありません。
「え?先月のデータ量や通話時間なんて、明細を見ないと分からない!」
という方は、要注意です。
まずは、毎月自分がどんなスマホの使い方をしているのか?しっかり把握しておくことが大切です。
自分が使っているデータ量が分からずに、料金プランの安さだけで選んでしまうと無駄にお金を払ってしまったり、容量が足りなくて結局追加料金を支払うことになる、なんてことも少なくないからです。
データ量や通話時間の確認は、お使いの格安SIMのマイページにログインすると分かります。
また通話時間は、合計でみるよりも一回あたり何分の電話をしているか?
誰にかけていることが多いか?
確認しておきましょう。
電話をかけている相手が、ほとんど家族であるという方は家族割に加入した方が安くなることがあるからです。
またプランによっては、最大5人まで限定で長時間の通話が安くなるというものもあります。
また同居でなくても、家族であれば家族割が適用されより安くお得に使えるプランもあります。
まずは、普段のご自身のスマホの使い方を把握するところから始めましょう。
■ポイント②:データ量残高、繰越ができるかどうか?
そして、次に大切なポイントは月に使えるデータ量の繰越ができるかどうか?
これが大きなポイントになります。
データ繰越、というのはその月で使い切らなかったデータ量が翌月に持ち越せるというものです。
例えば、毎月3GBのデータプランを月額980円で契約しているとします。
今月は2GBしか使わなかったから、来月は残りの1GBと3GBを合わせて4GB使えるという計算になります。
このプランは普段、あまりデータ量を使わない方や、月によってデータ使用量のバラつきがある、という方におすすめです。
ただし、毎月5GB以上使うという方には格安SIMの中でも大容量プランをおすすめします。
大容量でまとめて契約した方が、料金は安くなることが多いのでこの機会に改めてプランを見直してみてください。
普段、SNSを閲覧するだけといった方やインターネット検索が主な使い方、という方は無駄なく使い切れる3GB以下のデータ量にすることをおすすめします。
毎月の使用量が3〜4GBという方は、5GB以内で月額1,200円など、少し余裕を持ったプランにするとストレスなく使えます。
■ポイント③:通話プランの見直し
最後に、通話プランの見直しをしてみましょう。
普段は、通話はあまりしないという方であれば、22円/30秒の料金プランでもいいかもしれませんが、長時間電話をかけるという方であれば、定額プランの方がお得になります。
定額プランの場合は、10分以内の通話であれば回数無制限で月額1,200円程度というものが多いです。
10分以上の長時間、電話をされる方はかけ放題プランを追加して料金を抑えましょう。
ただし各会社によって、格安SIMの料金プランは異なるので一番お得なものをこの機会に探してみてください。
■まとめ
格安SIMは、月額が安いと評判ですが決して安さだけで選ばないようにしてください。
今、ご自分が使っているデータ量、通話時間をしっかり確認して無駄のないプランを選んでくださいね。”

5G対応スマホの「DOOGEE V30 Pro」とは?

by admin
公開日時: 2024年2月3日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gがもたらす高速大容量通信や低遅延などは遠隔技術を必要とする分野でも重要となっており、医療現場での遠隔診療や手術、建築現場での遠隔操作などが挙げられます。
その5Gに対応しているスマートフォンは各メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「DOOGEE V30 Pro」という5Gスマホがあり、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーやコントラスト比が優れていて動画や写真を鮮やかに表現できる高精細大型ディスプレイ、幅広いシーンでの撮影に対応できる高性能カメラや動きの激しいオンラインゲームでも滑らかで素早い使用感が味わえる高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約83ミリ、高さ約178ミリ、厚さ約17ミリ、重さ約208gというポケットにもしっかりおさまって邪魔にならないコンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、オレンジ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.58インチ液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している10800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが120Hzに対応していますので、オンラインゲームや高速スクロールなども快適に楽しめると思います。
CPUはMediaTek Dimensity 7050 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約2000万画素+超広角レンズがついた約2400万画素+望遠レンズがついた約1600万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13で顔認証センサーや指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68/IP69K)や耐衝撃(MIL-STD-810H)などがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Mate X5」とは?

by admin
公開日時: 2023年11月5日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“スマホはほとんどの人が所有してビジネスやプライベートなどで使用しており、特に最近では高速大容量通信を可能にした5Gスマホを使い人が増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンは各メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Mate X5」という5Gスマホがあり、オンラインゲーム中やスクロール中の画面表示がとてもなめらかな高精細大型ディスプレイや充電が長持ちするため動画やゲームを長時間にわたって楽しめる大容量バッテリー、負荷をかけても熱がこもりにくくてサクサク動作する高性能CPUや被写体が動いてもずっとピントを合わせ続ける高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約11ミリ、重さ約245gという握りやすくて操作しやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、グリーン、ゴールド、ホワイト、ブラックの5色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2504×1080でアスペクト比20.8:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電や50Wのワイヤレス充電に対応している5060mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8+ Gen 1 4G SM8475 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルと1TBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがHarmonyOS 4.0でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IPX8)やデュアルステレオスピーカー、冷却システムやイヤホンジャックなどがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”サムスンギャラクシータブレット

SIMフリーにするには?お金がかかる!【理由とは】

by admin
公開日時: 2023年10月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“はじめから、SIMロックが解除されたSIMフリースマートフォンであれば問題ありません。
しかし、SIMロックを自分で解除しなければならない、そんな事態に遭遇したことはありますか?
今回は、SIMフリースマートフォンにするためには、SIMロック解除が必要な理由と、手数料がかかる理由ついてご紹介したいと思います。
これから端末を売りたい方、SIMロックを解除してSIMフリースマートフォンにするためのやり方も合わせて一緒にみていきましょう。
■SIMフリーにするには、ロック解除が必要!
例えば、通信費を少しでも安くしたい方で、今お使いのスマートフォンをそのまま使って、格安スマホに契約を変えたいとします。
この場合、お手持ちのスマートフォンのSIMロックが解除されているかどうか?確認しなければなりません。
確認せずに、料金が安いからという理由で格安SIMを契約してしまうと
SIMカードを挿入した時に、確認SIMのカードが使えないという状態になってしまうからです。
そうならないように、事前にSIMロックが解除されたSIMフリースマートフォンなのか、後から解除できる端末なのかしっかり確認しておきましょう。
■SIMロック解除の方法は2つ!
それでは、SIMフリースマートフォンにするためにSIMロックを解除する方法を見ていきましょう。
具体的には、二つの方法があります。
一つ目は、auやソフトバンク、docomoといった大手携帯電話会社に直接伺い、持ち込みという形でスタッフの方にSIMロックを解除してもらう方法です。
ただし、この方法は3,000円の手数料が発生します。
また作業に時間がかかるため、事前の予約なしで来店してしまうととんでもない時間がかかることが予想されます。
もし、持ち込みでのSIMロック解除を希望される方は、事前に店舗に相談してみてくださいね。
そして、二つ目はご自身でスマホやパソコンを使ってマイページにログインにWebサイトから手続きする方法です。
この方法なら、手数料はかかりませんが、全て自分で進めなければなりません。
スマートフォンに詳しくない方には、難しい作業に感じてしまうかもしれません。
また作業中、わからないことがあっても直接スタッフに相談できる訳ではないので注意が必要です。
■SIMロック解除が不要の場合もある!
ただし、むやみにSIMフリースマートフォンにする必要はありません。
例えば、今契約している会社が大手docomoで、格安スマホはドコモ系列の会社だとします。
この場合、もとの会社がdocomoとなるため、SIMロックを解除しなくても格安スマホに契約を変えることが可能だからです。
また、もともとSIMフリースマートフォンだからといって、格安スマホのどの会社でも契約できる、というわけではありません。
格安スマホにも、様々な会社があります。
扱っている周波数も、会社によって異なります。
契約したい格安スマホが見つかったら、SIMカードを入手する前に必ず確認しましょう。
そして、今お使いのスマートフォンをそのまま使用できるのか?SIMロックを解除しても使えない、という場合もあるので要注意です。
■まとめ
SIMロックを解除して、SIMフリースマートフォンにするには、二つの方法があるとご紹介しました。
ただし、店舗に持って行く場合は3,000円の手数料がかかること、自分でする場合にはお金はかかりませんが、手間がかかります。
またSIMロックが不要の場合と、SIMフリーでも周波数が合わす使えない、ということもあるので事前に確認しておきましょう。”

5G対応スマホの「18s Pro 5G」とは?

by admin
公開日時: 2023年10月22日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gの強みとなるのは高速大容量通信や低遅延、同時多接続といったことになり、これによって高い信頼性が必要となる場面でも活用されていくでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは低価格のローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「18s Pro 5G」という5Gスマホがあり、臨場感のある滑らかで見やすい動画の視聴やサクサクとしたゲーム操作が可能な高精細大型ディスプレイや軽量スマホの中ではトップクラスの大容量バッテリー、さまざまな距離や角度で綺麗な写真を撮ることが可能な高性能カメラや処理が重くなりがちなゲームアプリでも問題なく操作できる高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルは約78000円でRAM8GB/256GBモデルは約84000円でRAM12GB/256GBモデルは約92000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約182gといった女性でも操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイト、ブルー、シルバーの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度WQHD+ 3200×1440でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888+ SM8350-AC 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあります。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約3200万画素+望遠レンズがついた約800万画素+約30万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約4400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンにはディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵機能や液冷システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

スマホで簡単に撮影できるタイムラプス撮影って何?

by admin
公開日時: 2023年9月16日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“撮影方法の1つである「タイムラプス」をご存知ですか?タイムラプスで撮影をすると、通常の動画とは一味違った独特な表現で撮影をすることができ、スマホでも撮影が可能です。ここではスマホでのタイムラプスの撮影方法についてまとめてみましょう。
【タイムラプスとは?】
タイムラプスとは「時間(time)」と「経過(lapse)」の意味で、1枚ずつ撮影された写真を繋ぎ合わせることで、コマ送り動画にする撮影手法になります。タイムラプスは1枚ずつ撮影された写真で構成されているため、早送り動画よりも鮮明な撮影が可能です。またゆっくり動いているもの、風景なども早回しで撮影できるので、雰囲気ががらりと変わります。
【タイムラプスで撮影するメリットとは?】
タイムラプスで撮影するとどのようなメリットが得られるのでしょうか?
<臨場感を出せる>
例えばアクションシーンなどでタイムラプス撮影をすると、臨場感を演出することができるでしょう。
<時間をコンパクトにまとめられる>
通常モードで動画を長時間撮影してしまうと、動画のデータ容量が膨大になってしまうでしょう。しかしタイムラプスモードで撮影をすれば、長時間カメラを回していても動画は短く、容量も大きくなりません。データ容量が重たくないので、編集ソフトなどに取り組むのにも時間がかかりませんし、編集作業も短縮できます。
【タイムプラスとストップモーションは何が違うの?】
タイムラプスとよく混同される撮影手法として「ストップモーション」があります。
このストップモーションとは、視点が移動可能でより臨場感のある動画を撮影できる手法です。つまりタイムラプスはカメラを固定しながら被写体が変化する様子を定点観測するのに対して、ストップモーションは被写体を自分で動かして撮影しながらアニメーションを作成していきます。
【スマホでタイムラプスを撮影する方法】
iPhoneやAndroidなどスマホでタイムラプス動画を撮影する方法をまとめてみましょう。
<iPhoneの場合>
iPhoneでiOS8以降であればカメラアプリに「タイムラプス撮影機能」が搭載されています。
カメラを起動してタイムラプスモードに変更すれば簡単に撮影できるでしょう。
ただ撮影時間が30分、1時間と長時間になる動画に関しては、自動的に30秒まで短縮されてしまいます。1時間を超える動画を撮影したい場合には、カメラを用意することも検討しましょう。
<Androidの場合>
Androidでは機種によってタイムラプス撮影機能が搭載されているものと、搭載されていないものがあります。ただGooglePlayに「Microsoft Hyperlapse Mobile」や「Framelapse」などのタイムラプス撮影用のアプリがあるのでタイムプラス撮影機能がない機種の場合はアプリを活用してみましょう。”

Twitterのスペース機能とは?メリットを徹底解説!

by admin
公開日時: 2023年9月9日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“Twitterの新しい機能の1つに「スペース」があります。Twitterのスペースは2021年5月~正式提供されるようになったサービスです。ここではスペースのメリットについてまとめてみましょう。
【Twitterのスペース機能とは?】
Twitterのスペース機能は、Twitter上で音声を使ったリアルタイムの配信・会話ができる機能のことです。
参加者はスペースに参加して、そこでの話題を議論し、他の参加者に対して直接メッセージを送信することができます。
スペースにはホスト、共同ホスト、スピーカー、リスナーの4つのスペースユーザーがいます。
それぞれまとめてみましょう。
・ホスト:ホストはスペースの作成者で、スピーカーの招待やリクエストの管理、ユーザーの削除などを行うことができます。
・共同ホスト:共同ホストはホストに招待され、ホストと同じことができる人です。この共同ホストは最大2名まで指定することができ、スペース内での発言やスピーカーへの招待、リクエスト管理などホストと同じ機能が使えます。
・スピーカー:スペース内での発言権をホストや共同ホストから与えられた人を「スピーカー」と言います。スピーカーはスペース内での発言はできるものの、他のスピーカーの招待やリクエストの管理などはできません。
・リスナー:リスナーはスピースでの発言内容を聞くことができる人です。アカウントの有無に関わらず誰でも参加することができますが、発言はできません。ホストにリクエストを送信すればスピーカーの権限が与えられます。
【スペース機能のメリットとは?】
Twitterのスペース機能のメリットは何があるでしょうか?まとめてみましょう。
<リアルタイム性>
スペースではリアルタイムで音声チャットを行うことができます。そのため視聴者とホストのコミュニケーションがスムーズに行えるでしょう。
議論に沿って討論することができ、質問にも答えることができます。
またホストは視聴者からのフィードバックを受けることができ、視聴者はホストの考えを聞き取ることができます。
<コンテンツをアーカイブできる>
スペースでは音声チャットを記録として30日間はアーカイブとして保存することが可能です。
リアルタイムで参加ができなかったユーザーであっても、コンテンツの共有ができるのは魅力と言えるでしょう。
<コミュニケーションが拡大する>
スペース機能を活用すれば、多くの人々とコミュニケーションを取ることができます。
世界中のフォロワーと直接コミュニケーションが図れるのは大きなメリットと言えるでしょう。
<ネットワークが拡大する>
スペース機能を使えば、テキストベースのツイートとはまた違った形でコミュニケーションを取ることができます。
そのため新しい人々とのネットワークを拡大できるでしょう。”

【ダイエットしたい方必見!】おすすめスマホゲーム!

by admin
公開日時: 2023年9月3日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“今より痩せて、かっこよくなりたい、可愛くなりたい、そんなあなたを応援してくれる今人気のスマホゲームをご紹介します。
痩せるために甘いものを我慢したり、食べたいものを我慢する、というのは相当のストレスがかかります。
そんな時こそ、日々の頑張りを記録しながら楽しく続けられる工夫をしましょう。
今回、ご紹介するスマホゲームは、どれも楽しみながら続けられるものばかり、日々の頑張りを是非ゲームで楽しみながら続けてみませんか。
■おすすめ①:栄養士監修!あすけん ダイエットアプリ
まず一つ目は、あなただけの専属の栄養士が正しい食生活と運動量を提示してくれる人気アプリ、あすけんのダイエットアプリです。
その日、一日食べたもの、主食はもちろんおやつなど食べたものを全て記録していきます。
そして、目標とする体重と今の体重を記録することで、あなたの基礎代謝を計算してくれます。
1日に消費する適正なカロリーを算出してくれるだけでなく、このまま続けることでいつ、目標の体重に到達できるのか表してくれます。
またダイエットに欠かせない運動も、記録できるのでやる気アップにつながります。
また、食べたものを記録することで栄養士がバランスを考えた食事を教えてくれるため、今の食生活を見直したい方にもおすすめです。
■おすすめ②:イケメン育成ダイエット〜ふとしの部屋〜
イケメン育成ダイエットは、ぽっちゃりとしたおデブな幼馴染をイケメンに変身させるため、自分も一緒にエクササイズをするというスマホゲームです。
自分だけでダイエットを頑張ろうと思ってもなかなか、継続するのは難しいものです。
このゲームなら、ちょっと捻くれた性格の幼馴染をなんとかイケメンにするため励ましてあげたり、着せ替えして気分転換をすることでダイエットを頑張るための様々な工夫が施されてます。
気になる二の腕をエクササイズしたい方、太ももやお腹周りが気になる方も具体的なダイエット方法が載っているので楽しみながら続けられます。
身体を動かすことで、ダイエットにつながるだけでなくスタミナを貯めて、アイテム購入ができるというお楽しみポイントがある点もおすすめです。
■おすすめ③:Gohobee 腹筋アプリ
女性だけでなく男性も、美しいくびれに憧れがある方も多いと思います。
毎日運動を頑張っているけれど、なかなか続かないという方は是非一度試してみましょう。
使い方はとっても簡単、1日40秒間腹筋を頑張るだけです。
細かい設定をしなくても、スマホが40秒間時間と腹筋回数を測ってくれるので、集中して運動に取り組むことが出来ます。
また、毎日の頑張りをスゴロク形式で記録されるのでやりがいを感じられます。
ダイエットを頑張っている、という努力の跡が残るのは嬉しいですね。
また腹筋を頑張り、スゴロクを進めていくと可愛らしい猫のキャラクターが出てきます。
毎日継続してまずは、3週間頑張ってみて下さい。
すると、期間限定の可愛らしいアイコンやアバターをGETできるチャンスが貰えるので是非継続してみましょう。
■まとめ
ダイエットを頑張りたい、でもなかなか続けられないという方は、今回ご紹介したゲームアプリを上手に活用してみましょう。
日々の頑張りを記録してくれるから、毎日辛くても続けられる、ゲーム感覚だから楽しい、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

5G対応スマホの「Samsung Galaxy M54」とは?

by admin
公開日時: 2023年9月1日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5G通信はリアルタイム性が重要な通信を遅延させることがありませんので、5Gに対応しているスマートフォンでのオンライン対戦ゲームなども快適性が増して気持ちよく利用することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Samsung Galaxy M54」という5Gスマホがあり、外出先でもバッテリー残量を気にせずアプリやゲームが楽しめる大容量バッテリーや臨場感のある滑らかで見やすい動画の視聴やサクサクとしたゲーム操作が可能な高精細大型ディスプレイ、オンラインゲームで遅延の少ない操作が可能な高性能CPUや夜間の撮影でもキレイな動画を撮ることが可能な高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約199gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応していますので動きが早くなるオンラインゲームでも滑らかな表示で楽しむことができますし、Gorilla Glass5を使用していますのでアウトドアでも安心して使用できると思います。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正、ビューティーモード、HDR、LEDフラッシュ、パノラマモード、ナイトモードなどの機能が付いています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(One UI 5.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy SIMフリースマホ

5G対応スマホの「Magic5 Ultimate」とは?

by admin
公開日時: 2023年8月26日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

“5Gによる超低遅延はタイムラグなく作業できるとされており、医療現場での遠隔手術や自動運転などでもいかされています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Magic5 Ultimate」という5Gスマホがあり、デジタルズームでも3倍くらいまでなら鮮明な画質で撮れる高性能カメラや5Gの高速通信や高度な画像処理を実現した高性能CPU、長時間使用しても目が疲れにくくバッテリーの減りも抑えられる高精細大型ディスプレイや外出での長時間のゲームや動画視聴の際にも安心して使い続けられる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約132000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約217gという操作しやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはQuad-Curved Floating Screenを採用して解像度2848×1312でアスペクト比19.54:9の約6.81インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電や50Wのワイヤレス充電に対応している5450mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen 2 SM8550-AB 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが16GB、内蔵ストレージは512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約5000万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1200万画素+3D Depthのデュアルインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(MagicOS 7.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

page 1 of 10
ようこそ , Today is 木曜日 2024年6月13日