閉じる 印刷

自宅勤務が社会にもたらす効果

by admin
公開日時: 2019年1月11日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

自宅勤務が増えることによって企業や自宅勤務する人は様々な効果を感じることができますが、この両者だけではなく社会にも様々な効果をもたらすことができます。
では、自宅勤務が社会にもたらす効果とは何でしょうか?
それは、交通混雑の緩和や地域環境負荷の軽減、女性や障害者などの就業促進などが挙げられます。
自宅勤務がもたらす交通混雑の緩和は通勤や業務に伴う移動が軽減されるからで、特に朝の通勤ラッシュの混雑を緩和させてストレスも減らすことができるのです。
地域環境負荷の軽減でも同じようなことが言え、移動が軽減されればCO2の排出を削減させることができますので環境負荷の軽減になります。
女性は育児や介護を行うことがありますし、高齢者や障害者は通勤が難しくなりますので、自宅勤務であれば安心して業務を行うことができます。
こうしたことからも分かるように、自宅勤務が社会に様々な効果をもたらしていますので更に自宅勤務が増えるのが良いのではないでしょうか。

コメントはまだありません - コメントする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ようこそ , Today is 土曜日 2019年6月15日