閉じる 印刷

仕事と遊びの境目薄く 創造性高めるじぶん働き方改革

by admin
公開日時: 2018年8月20日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

機械が本格的に私たちの仕事を奪いにくる?ホワイトカラーの間接業務を自動化する技術と、それを利用した業務改革の手法はRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ばれていて、近年特に注目が集まっているそうです。RPAにより時間がかかっている作業から私たちは解放されて、今まで費やしていたムリ・ムラ・ムダといった時間が減少するため、創造性があることに多くの時間を費やすことができるようになるといわれているのです。今後どんどん面倒臭いことから解放されるんだと思うと「さて、何をしようかな?」とワクワクしてくる人もいる一方で、そういった状況に不安を持つ人のほうが大半かもしれません。パワーポイントでの資料作成時間を劇的に短縮化するソフトが導入された時は、ラクになるというほっとした気持ちよりも、「自分の仕事が機械に取って代わられる」「クビになるのでは?」という不安のほうが勝った人も多いかもしれません。「今のままの仕事の仕方ではダメだ」と強烈な危機感を感じる人も少なくないでしょう。
https://works.rsupport.com

コメントはまだありません - コメントする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ようこそ , Today is 水曜日 2018年10月17日