閉じる 印刷

これがiPhone 8の最新のカタチ。大型化した電源ボタンは何を意味しているんだ…?

by admin
公開日時: 2017年8月28日
カテゴリー: 未分類
タグ: タグなし

5.8インチのベゼルレスディスプレイ、Lightningポートを搭載しイヤホンジャックはなし…というデザインは、これまでの噂通りです。しかし、今回のレンダリング画像では、これまでのレンダリング画像で描かれていた「切り欠き=カメラやセンサー類を納めるスペース」が画面と馴染むようにソフトウェア側で処理され、電波や電池残量のアイコンが表示されています。もちろんソフトウェアの話ですので、今回のレンダリング画像を作成した人の勝手なのかもしれませんが、切り欠き部分は常に黒バックで、アイコンを表示するだけのエリアにしたほうが自然ですね。そして気になるのは、iPhone 7よりも圧倒的に大型化している「電源ボタン」。これには一体、どんな意図があるのでしょうか。Forbesは大型化した電源ボタンの具体的な機能については断言していないものの、「指紋認証(Touch ID)の予備として利用される可能性がある」と指摘しています。もちろんApple(アップル)の本来の計画ではディスプレイにTouch IDを内蔵する予定なのですが、それが上手くいかなかったときの保険として、電源ボタンにTouch IDセンサーの埋め込む設計に切り替える可能性もあるのです。このように電源ボタンに指紋認証センサーを搭載したスマートフォンには、ソニーモバイルの「Xperia」シリーズがあります。同スマホはホームボタンや本体背面に指紋認証センサーを設置する必要がないので、スマートな本体デザインを実現。この点は、背面に指紋認証センサーを搭載した「Galaxy S8/S8+」との大きな違いです。

コメントはまだありません - コメントする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ようこそ , Today is 月曜日 2017年9月18日